猫の外見で健康管理

猫は体調不良を本能的に隠す性質があります。その為、もし下痢をしていたり外見上がグッタリしている状態であれば直ぐに病院で診てもらいましょう。
外見上で変化が見えるような状況は深刻な可能性が高いです。しっかりと医師に診てもらうことが大切です。
人間と同じように体温チェックも参考になります。体温の測り方はお尻に2cmほど体温計を入れると測ることができます。平均温度は様々ですが38度~39度です。平熱は様々なので日ごろからチェックして平熱を調べます。

外見からチェックするポイントはいくつかあります。トイレの回数が多いと要注意です。水を飲む回数が増えたり、尿に血が混ざっているのも危険です。
シッポの動きが不自然だと感じたら体調不良の兆候があります。体に不調があると体の動きがおかしくなります。ジャンプを失敗するしぐさは可愛いですが体調も気になります。
メスの場合だと乳腺チェックも効果があります。グルーミングをしながら触ってみてしこりを感じたら病気の可能性があります。

人間が健康診断で検便や尿をチェックするように猫の排泄物で健康チェックができます。大腸の炎症が影響して排泄しようとしているのになかなか出せない状態になります。
赤い場合は血便で注意ですが黒色も注意が必要です。胃の中で出血していて排泄した時は黒くなっているからです。人間の場合は沢山出したほうが健康的ですが、猫だと沢山の排泄物は消化不良の可能性があります。
また、猫に多い尿路結石やヘアボールのトラブルに配慮して、尿路結石のケアができるキャットフードや消化にいい穀物不使用のキャットフードを選ぶなど、普段の餌も見直してましょう。

参照資料【https://www.symplycatfood.jp/

猫の変化をチェック!

猫の健康をキープするには日々のチェックが大切です。毎日チェックしなければ変化に気づくことができません。
健康チェックと合わせてできるのがグルーミングです。グルーミングは猫が毎日必ず行う動作です。
自分自身で行うことをセルフグルーミングと呼びます。グルーミングとは体を清潔に保つための動作です。
猫はキレイ好きなので常にキレイな状態をキープします。猫を想像すれば分かりますが汚れたネコを見たことはないです。

セルフグルーミングであれば起きている時間の3割から半分の時間をしています。最近は品種改良もされているのでセルフグルーミングができないネコもいますので飼い主がやらないといけません。
グルーミングをしてあげると毛の状態などで日々の変化を感じることができます。外見では違いがわからないので少しの変化を感じることができます。
何よりもグルーミングはコミュニケーションになるので健康管理もしつつ信頼関係を作ることができます。

長い毛のタイプだとセルフグルーミングをすると胃の中に毛が残ってしまい「毛球症」になります。グルーミングでサポートすると毛球症の予防になります。毛の状態のチェックしつつケガをしていないかチェックしたり口臭チェックで体調管理もできます。何事も普段からのコミュニケーションが大切です。

猫の健康を管理する

愛猫の健康は気になりますよね。体調が悪くなってしまうのは心配ですし常に健康である事を飼い主としては願います。猫の健康をキープするには毎日のチェックと知識が必要になります。
そもそも猫は体調が悪いことを隠す習性があります。野生の中で体調が悪いのがばれてしまうと襲われるからです。猫が体調が悪いのは分かりづらいですし、人間のように言葉で伝えることもできません。体調をチェックするには日々のちょっとした変化に気をつけることが大切です。

ちょっとした変化に気づくには毎日コミュニケーションを取ることが重要になります。毎日チェックしないと変化に気づくことができないからです。ちょっとした変化に気づくには毎日のチェックが必要ですがポイントがいくつかあるのでポイントを押されることも大切です。ポイントを知っておかないと変化に気づくことができませんので知識も必要になります。

子猫の時期だと少しでも体調を崩してしまうと大きな病気になって最悪は死んでしまう可能性もあります。子猫から大人になるタイミングでも重病になる事もあるので注意です。

動物向けの病院では猫ドックをしてくれる所も増えてきました。病院で定期的に健康診断をしてくれますし年齢別に合わせた健康診断をしてくれます。
若い時は2年に1度のタイミングでよいですが7歳をこえたくらいからは毎年の診断がオススメです。10歳を過ぎると年齢的に高齢に入ってくるので半年に1度がオススメです。
健康診断も大切ですが日々の手軽なチェックで健康管理もできますので、手軽なチェック方法を紹介していきます。